macbookカバーを豊富に取り扱うただ一つのオンラインショップ | アップルマニア

アップルマニア

新着記事

新着記事

更新日:2019/03/04

あなたのiPhoneを、いますぐアップデートしましょう!

イメージ

アップルが「グループ FaceTime」機能のバグを解消するアップデートの配信を始めました。

通話に出る前にスマートフォンのマイクやカメラが動作してしまうという今回のバグ。

セキュリティ関係者が「すぐにインストールすべき」と口を揃える今回のアップデートからは、事態の深刻度も浮き彫りになりました。


今回のバグは、ユーザーがFaceTimeで誰かとグループ通話しようとする際に、相手が通話に出る前にスマートフォンのマイクやカメラが動作してしまうもの。

ユーザーを通じて問題を知ったアップルは、バグを解消するアップデートを公開するまで、グルーFaceTimeの利用を完全に停止する措置をとりました。


このプライバシーの侵害につながりかねないバグはネットで炎上し、ニューヨーク州司法長官のレティーシャ・ジェームスも調査を開始。

「このセキュリティ問題によって影響を受けたお客さま、そして不安を感じられたすべてのみなさまに、心よりおわび申し上げます」
「問題解決の手続きが終わるまで、みなさまにお待ちいただいていることに感謝いたします」
と、アップルはコメントを出しています。

またこの問題に関して1週間が経ち、ようやくアップデートが公開されました。

アップデートは公開されたばかりなので、まだ確認できていなくてもあわてなくて大丈夫。
iOSが更新を促してくるはずですが、そうでない場合は、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」を開くことでインストールできます。

そこから「ダウンロードとインストール」を選び、指示に従い
インストールするには、デヴァイスのバッテリーが最低でも50パーセント以上か、充電中である必要があります。
またはiPhoneやiPadをコンピューターに接続して、「iTunes」からアップデートをダウンロードすることもできるとのことです。


iPhone同士だとFaceTime通話が無料で、音質や画質はLINEやSkypeと比べてもかなり高品質です。

ただし、データ通信量がかかってくるので、パケット代に注意が必要で

例えば海外旅行などでの出先で【Wi-Fi環境ではないところで】FaceTimeで相手からかかってきたらこれはモバイルデータ通信が莫大にかかってくる可能性があります。

そのためWi-Fi環境にいない場合には、ホーム画面から「設定」→「モバイルデータ通信」へと進み「モバイルデータ通信」をオフにしてください。

ユーザーのみなさまはアップデートを行い、設定を確認し、快適なiPhone生活を送ってください^^

カテゴリーの一覧へ戻る