macbookカバーを豊富に取り扱うただ一つのオンラインショップ | アップルマニア

アップルマニア

新着記事

新着記事

更新日:2019/01/15

iPhoneのSiriに命を救われた男性

イメージ

いつもアップルマニアをご利用・ご覧くださり誠にありがとうございます。

本年もアップルマニアを宜しくお願いいたします。

大変お待たせいたしましたが、商品の発送は明日より再開予定です。




本日は、iPhoneのSiriに命を救われた男性のエピソードをご紹介いたします。

昨年12月7日、Nate Felix氏はジープでネバダ州バーランプを走行中に、乾いた湖底に転落してしまいました。

Felix氏は転覆したジープから這い出そうとしたものの、ケガによる激痛と身体の80%がマヒしていたため動くことが出来ませんでした。

事故による重傷のほか、冬のネバダの寒さは命を危険に脅かします。

頭を持ち上げることさえ出来なかったFelix氏は、同乗していた犬で暖を取ろうとしたところ10分で無理だと悟ったそうです。

Felix氏が悲鳴を上げても、誰の耳にも届きませんでした。ただ1つ、iPhoneのSiriを除いては。

どこにあるかは分からなくても、音声コマンドが届く範囲にはあったようです。

そこでiPhoneのSiriで知人に電話しようと何件か試みたところ、どこにも掛からず。
そのときFelixi氏が気がかりだったのは、家で待ち続ける10歳の娘のこと。
母親をがんで亡くした娘のためにも、なんとしてでも帰らなければ--と当時の心境が語られています。

最終的に成功したのが「ねえSiri、911を呼んで」。緊急番号への電話はつながり、かけつけたレスキュー隊員がドアをこじ開け、Felixi氏はジープの車内から救出されました。
砂漠の寒さのなかでそれ以上ジープの中に居たとすれば、低体温症になっていた可能性が高かったそうです。

デバイスを物理的に手に取ったり操作ができず、目に見えない場所にあっても機能するSiri。

ユーザーの皆様はいざという時のためにも、iPhoneで「設定」−「Siriと検索」の順に選択し、「”Hey Siri” を聞き取る」などが有効になっているか確認しておくとよさそうです。

※iOS 8 以降をご利用の場合、「Hey Siri(ヘイ シリ)」と iPhone/iPad に話しかけるだけでSiriを利用できます。

カテゴリーの一覧へ戻る