macbookカバーを豊富に取り扱うただ一つのオンラインショップ | アップルマニア

アップルマニア

新着記事

新着記事

更新日:2018/07/12

App Storeのアプリダウンロードは7年間で1700億回超 消費支出14兆円

7年間のアプリ総ダウンロード数は1,700億回超え

7年間のアプリ総ダウンロード数は1,700億回超え
App Storeは、2008年7月のリリースから今年で10周年を迎えました。

p Annieのレポートによると、2010年7月〜2017年12月におけるApp Storeのアプリダウンロード数は1,700億回超、総消費支出は1,300億ドル超(14兆円超)、2018年5月時点のアプリ総数は200万超で、そのうちの1万アプリは消費支出が100万ドル(約111億円)を超えています。

App Annieは、調査を始めた2010年から2018年までのアプリダウンロード数・消費支出ランキングトップ10を発表しています。

2010年と2018年における、非ゲーム系の人気アプリを比べてみましょう。

2010年のダウンロード数トップは、「Talking Tom Cat」というエンターテインメントアプリでした。「Talking Tom Cat」は、スマホに向かって話しかけると猫のTomがオウム返しをするというものです。Tomが話している姿は録画することができ、撮影した動画はFacebookやYouTubeに投稿できるのが特徴です。

その他の人気アプリとしては、Skype、Twitter、FacebookといったSNS系アプリも上位にランクインしていました。
消費支出トップは、Microsoft Officeのファイルを表示・編集ができる「Documents To Go」でした。「Documents To Go」は、Google Playでもリリースされており、4,000万回以上のダウンロードを記録しています。

2018年のダウンロード数トップは、中国の人気ショート動画アプリ「Tik Tok」でした。女子中高生など若者を中心に人気のアプリで、中国本土では1日あたりのユーザー数が1億5,000万人を突破しています。

消費支出トップは、オンラインストリーミングサービスの「Netflix」でした。「Netflix」は2017年12月時点で190カ国以上においてサービス展開をしており、2018年第1四半期末の契約者数は1億2,500万人となりました。

App Storeの詳細な分析データ、各年の人気アプリ等は、App Annieの「iOSレポート」から確認できます。

カテゴリーの一覧へ戻る